映像を編集するソフトウェア
EDIUSの総合サイト

EDIUS World TopSupportFAQ > エフェクト

FAQ

  • EDIUS All
  • エフェクト

クリップトランジションを適用できない

FAQ ID:KB01500001 | 更新日: 2013/07/14

クリップ間にトランジションをドラッグ・アンド・ドロップすることや、デフォルトトランジションを適用することができません。オーディオクロスフェードも適用できません。

この状況は、次の2つの条件を満たす場合に発生します。

1. クリップを伸ばすマージン(のりしろ)がない
2. 伸縮モードになっている

クリップのマージン有無を確認する方法
タイムライン上のクリップでマージンがない場合には、クリップの端に黒い三角形がつきます。
この場合は、クリップをトリムしてマージンを作ってからトランジションを置くか、固定モードに切り替えてください。

kb01500001-img001.png

固定モードへの切り替え手順

1) [設定] > [ユーザー設定] を開きます。
2) [アプリケーション] > [タイムライン] を開き、「トランジション/クロスフェードに合わせてクリップを伸縮する」のチェックを外します。kb01500001-img002.png

<参考>
固定モードと伸縮モードとは
下図はクリップ A の緑部分(2秒間)とクリップBのオレンジ色部分(2秒間)の間にトランジションを掛ける場合の動作です。kb01500001-img003.png

 固定モードでは、クリップ同士を重ねてトランジションを適用します。伸縮モードでは、クリップののりしろ部分を利用し、クリップをのばした後にトランジションを適用します。
それぞれの動作の特徴は以下の通りです。

固定モード
1. クリップの選択した部分だけを使用します。
2. トランジション適用後の全長が短くなります。上記図の例では、クリップ A の緑部分(2秒間)+クリップBのオレンジ色部分(2秒間)-トランジション適用部(1秒間)でトータル3秒間になります。

伸縮モード
1. トランジション適用後の全長は変化しません。上記図の例では、クリップ A の緑部分(2秒間)+クリップBのオレンジ色部分(2秒間)でトータル4秒間になります。
2. マージンとしてクリップの選択部分以外が使用されます。

キャプチャ時にマージンを付加する手順
以下の設定を行ってからキャプチャします。

1) [設定] > [システム設定] を開きます。
2) [アプリケーション] > [キャプチャ] を開き、マージンを設定します。kb01500001-img004.png