映像を編集するソフトウェア
EDIUSの総合サイト

ブライダルビデオ | 様々な映像編集、動画編集のケースをご紹介。EDIUSの利用シーン。

EDIUS World TopUSER TYPES > ブライダルビデオ

USER TYPES

User Types ブライダルビデオ

こんな事がしたい方は ■ブライダルのビデオサービスを始めたい ■披露宴での馴れ初めビデオなどを手軽に作りたい

スピードを要求されるブライダルビデオ

ブライダル用ビデオには、様々な種類の映像フォーマットがあります。ウェディングドレス姿での婚前の記念撮影時の映像、二人の馴れ初めを紹介する映像、式から披露宴の様子をすぐに編集し、エンディングとして流す映像などがあります。

特に披露宴のエンディング映像は、ブライダル映像制作の中でもスピードが要求されます。数時間に及ぶ結婚式も佳境に入ったその時、舞台の大型モニターには直前までの結婚式の様子が、感動的な音楽と共に上映され、結婚式はクライマックスへと突入します。二人の結婚式は大フィナーレを迎え、映像と音楽のハーモニーの中、二人の門出が祝福されることでしょう。

この感動のタイミングに間に合わせるために、制作側は大慌てです。映像や写真、数多くの素材をまとめ上げ、上映時間までに完成させる必要があります。こんなシーンに、EDIUSはまさに打ってつけと言えます。EDIUSに搭載された独自開発の超高速AVCHD伸長エンジンは、あらゆるメーカー、あらゆる機種のAVCHDカメラで撮影された圧縮映像ファイルを、非常に高速に展開・再生します。

一般的なワークフローとEDIUSを用いたワークフロー

EDIUSを活用すればレンダリングやファイルコピーに長い時間を費やすことなく、撮影~編集~上映~DVDプレスを一連の流れとしてスピーディーに処理することができます。その秘密は、EDIUSの優れたリアルタイム編集性能にあります。

一般的なNLEソフトウェアは、編集中にプレビュー画質の映像を表示し、レンダリング後の映像ファイルで初めて完全な映像の再生が可能ですが、EDIUSは常に最終クオリティーで表示でき、しかもすべてがリアルタイムで動作します。

EDIUSで編集中の映像は、セカンダリディスプレイ端子に接続したモニターで常にプレビューすることができます。タイムコードを乗せたり、セーフフレームを描くことも自在です。セカンダリディスプレイ出力を外部プロジェクター入力端子に接続すれば、レンダリング時間を掛けることなく、すぐに大型スクリーンに最終映像として投影することも可能となります。

シーケンス活用による作業効率化

多くのブライダル映像は、何種類かのテンプレートを使って映像を組み立てることが主流となっています。テンプレートを使われる場合は、EDIUSのシーケンス機能と素材の置き換え機能が作業性を何倍にも高めます。シーケンス機能は、ひとまとまりの編集映像を1つのシーケンスとして作り置きしておくためのものです。あるシーケンスを、他のシーケンスにネストすることができるため、パートごとに編集してから本編タイムラインに並べることで、別々に編集したタイムラインをあたかも一つのタイムラインとして扱うことが可能です。
素材の置き換えは、テンプレート部分の素材入れ替えに最適でしょう。入れ替え素材として映像クリップではなくシーケンスを指定することで、限られた時間軸の間に好きなタイミングで映像をネストすることが可能となり、予め作成したテンプレートをもっと有効利用することができます。

静止画スライドショーーもレイアウターで簡単制作

新郎新婦や友人から寄せられる、数多くの静止画映像も効果的かつ有効に使うことができます。 EDIUSは編集フォーマットよりも巨大な映像や静止画も、オリジナルの解像度を残したまま処理することができます。映像へのズームイン&アウトも、内蔵のレイアウター機能を使って思い通り。2Dに加えて3D方向の回転もサポートします。 ちょっと使い方を変えれば、ハードウェアアクセラレーションに対応した3Dトランジションをエフェクトとして利用することができます。テンプレートとして3Dトランジションをフィルターのように使えば、新郎新婦の名前も、出会った場所などのテロップも、立体的に配置・アニメーションさせることが可能です。

DVD/Blu-rayにも編集タイムラインから出力が可能

出来上がった映像を上映した後は、DVDやBlu-ray化します。EDIUS ProにはDVD/Blue-rayバーナーが搭載されていますので、セカンダリモニター出力を使って上映した編集映像は、そのままDVD/Blu-rayに焼き付けて、新郎新婦へと手渡してください。この一連のワークフローにおいて、EDIUS以外のソフトウェアを立ち上げる必要はありません。EDIUSを一旦閉じるという必要もありません。上映用PCすら必要ないのです。ファイルのインポート、編集、合成、上映、DVDプリント...、この一連の流れすべてが、EDIUS1本で完結してしまう、まさにブライダル映像に打ってつけのNLEソフトウェアだと言えるでしょう。
 ブライダル映像は、まさに時間との闘いです。「ただ今、映像をレンダリングしておりますので少々お待ちを...」という失敗は、許されません。真のリアルタイム・ノンリニア編集環境を目指したEDIUSだからこそ、多くのブライダルシーンで活躍しているのです。

Text by 中ノ子基高(Mototaka Nakanoko)

購入する
さらに詳しく
購入する
さらに詳しく