映像を編集するソフトウェア
EDIUSの総合サイト

フォトムービーを作りたい | 様々な映像編集、動画編集のケースをご紹介。EDIUSの利用シーン。

EDIUS World TopUSER TYPES > フォトムービーを作りたい

USER TYPES

User Types フォトムービーを作る

こんな事がしたい方は ■写真データを使ってスライドショーを作りたい ■写真データで動きのあるムービーを作りたい

EDIUSならフォトムービーも簡単ズームやパンなどの動きも簡単です。

EDIUSでは、JPGをはじめ、 PSD、TARGA、BMP、GIF、TIFF、QuickTime Image、PNGほか、一般的に利用される静止画データを取り扱うことができます。また、これらを動画データとも混在させながら、スピーディーに編集作業を行うことができます。 フォトムービー、いわゆるスライドショーは、単に写真を表示するだけでなく、パンやズームといった動きを設定することで、グッと楽しさがアップします。ここでは、写真にパンやズームなどの動きを設定し、フォトムービーを作成する方法を解説します。

STEP1
写真データの読み込み

フォトムービーに必要な写真データを、イメージクリップとしてクリップビューに取り込みます。なお、取り込んだイメージクリップをタイムラインに配置すると、5秒のクリップとして配置されます。初期の秒数を任意に指定できますので、1回で100枚の配置を均等の秒数で配置したい場合などは、デュレーションを設定しておきましょう。

取り込んだイメージクリップ

イメージクリップの初期設定値は、「設定」→「ユーザー設定」→「素材」を選び、「デュレーション」にある「静止画」で変更できます。ここで、「デュレーション」(再生時間)の値を変更します。

STEP1
シーケンスごとにタイムラインに配置

イメージクリップをタイムラインに配置します。このとき、トラックは「V」トラックでかまいません。タイムラインに配置すると、プレビューウィンドウに映像が表示されます。

イメージクリップをタイムラインに配置します。

プレビューウィンドウにイメージが表示されます。

タイムラインに配置したイメージクリップのデュレーションは、クリップ上で右クリックし、「デュレーション」を選択して変更できます。

STEP3
トランジションを設定する

イメージクリップをタイムラインに配置しただけで、とりあえずフォトムービーは完成するのですが、さらにエフェクトを設定し、より楽しめるムービーへと仕上げます。

トランジションの設定

イメージクリップとイメージクリップの間に、トランジションを設定します。尚、すべて同じトランジションの場合は、タイムラインのクリップ(写真データ)を全部選択して、ディゾルブをドラッグ&ドロップすれば、すべてに適用されます。複雑な効果が必要なければ、たったこれだけでスライドショーは完成です。

STEP3
シーケンスをクリップとして利用する(シーケンスのネスト)

さらに、イメージクリップにズーム効果を設定します。これで、映像に動きが出てきます。ズーム効果は、「レイアウター」を利用して設定します。

対象クリップのレイアウターを表示します。

①時間インジケーターを左端に合わせます。②「ストレッチ」を有効にします。
③キーフレームを設定します。

④時間インジケーターを右端に合わせます。⑤キーフレームを設定します。

⑥パラメーターの「ストレッチ」を調整します。 ⑦「トランスフォーム」で表示位置を調整します。

STEP3
パンを設定する

ズームと同様に、レイアウターで「パン」も設定できます。この場合、レイアウターの「位置」パラメーターを利用します。

①対象のクリップを選択します。

②レイアウターを表示します。③時間インジケーターを左端に合わせます。④「位置」を有効にします。⑤キーフレームを設定します。

⑥「トランスフォーム」で表示位置を調整します。

⑦時間インジケーターを右端に合わせます。

⑨「トランスフォーム」で表示位置を調整します。

STEP3
仕上げはBGMを設定

最後に、オーディオトラックにBGMを設定すれば、フォトムービーの完成です。

BGMを設定する

高品質な映像をDVDやデータファイルで残す
 EDIUS Pro
購入する
さらに詳しく