映像を編集するソフトウェア
EDIUSの総合サイト

映像制作プロダクション | 様々な映像編集、動画編集のケースをご紹介。EDIUSの利用シーン。

EDIUS World TopUSER TYPES > 映像制作プロダクション

USER TYPES

User Types 女子カメラ 女子でも簡単!旅行や行事の思い出映像をお手軽編集で映像に残す!

こんな事がしたい方は ■家族や友達と行った旅行の動画を編集したい ■スマホで撮った動画や写真を編集して友達に見せたい

主要な業務用圧縮コーデックを包括する GrassValley HQ/HQX

 EDIUSは、開発当初からその先進性が注目され、様々なプロダクションで実際に活用されていますが、その中でも小規模プロダクションに導入される場合は、お勧めできる多くの「理由」があります。EDIUSは編集作業に特化したアプリケーションでありつつも、他の多くのノンリニア・アプリケーションと連携が取れるように設計されています。その連携の核となるのが、GrassValley HQ/HQXコーデックです。

 現在、ノンリニアアプリケーションの世界には多くの映像圧縮コーデック及びコンテナファイルが存在します。最も普及しているのはAVCHD/H.264AVCですが、他にも放送業界や映画業界等からの要求に耐えられる各種コーデック、MotionJPEGや非圧縮コーデックなど、その数を挙げればキリがないほどです。

 そんな圧縮コーデックの乱立による様々なトラブルを解決すべく、GrassValley HQ/HQXコーデックは放送業界における映像コンテンツの包括的な役割を担う目的で作られました。GrassValley HQ/HQXは主要な多くの業務用圧縮コーデックを包括できる可変圧縮率、色再現性を持ち、業務用途におけるマスター品質を保証します。

CGパートとの連携にも最適

CGプロダクションとの連携、合成ワークフローもGrassValley HQ/HQXを利用すれば、スムーズに行うことができます。GrassValley HQ/HQXコーデックは、アルファチャンネルに対応しています。EDIUS上のタイムラインで、アルファチャンネルを活用した合成をすることができます。

新しく開発されたHQXコーデックは、10ビット色深度対応であるとともに、Macにも対応しています。これにより、「放送」~「CG合成」~「映画」という主要コンテンツのすべてをWindows+Macというデュアルプラットフォームで自在に使いこなせる唯一のコーデックとなりました。

>>Grass Valley HQXコーデック WHITE PAPERはこちら

案件のバジェットに対する制作コストの削減

 プロダクションは、Web映像から放送用コンテンツ、CG作成まで非常に多岐にわたる映像を取り扱います。どれか一つに特化することもあれば、広く様々なコンテンツを扱うプロダクションもあり得るでしょう。この場合、コンテンツのバジェット(総予算)やスケールに応じて、扱うソフトウェアが違ってくる場合もります。EDIUSは、ポストプロダクションワークのオールインワンパッケージとして、1つのGUIですべての作業を簡潔できるように、機能を実装してあります。案件によっては、合成からテロップ作業、音声のミックスダウンまで、EDIUSだけで完結できます。案件に関わるハード、人材、制作スピードを削減することにより、トータルでポストプロダクション業務のコスト削減をすることを可能としています。

ケースに応じて、EDIUSを活用したワークフローを構築

EDIUSは、高いリアルタイム性を備えるエンジンを搭載した同一のコアを元に、3つの派生バージョンが発売されています。グレードに応じて機能は異なりますが、すべて同一の操作性と同一のコアエンジンが搭載されており、案件に応じて、部署ごとにEDIUSを導入しても、プロダクションの予算を最大限に有効活用できます。

例えば、CG部門を多く抱えるプロダクションであれば、下記のように制作フローを改善できます。

確認から合成作業までをスピィーディに行えるEDIUSは、CGプロダクションの映像編集環境として最善の選択と言えます。CG制作を行うスタッフは、担当パートを自分のマシンですぐに映像化し、確認することができます。もちろん、CGに付き物のアルファチャンネルのデータもEDIUS+GrassValley HQ/HQXコーデックで取り扱うことが可能。アルファチャンネルを利用した仮合成は、EDIUS Proのほか下位バージョンのNeo、Expressでも簡単に行えます。

映像案件が急増しているWeb業界向け

Web素材を扱うクリエイター系プロダクションの場合、インタビュー撮影+編集+合成・テロップ+出力+配信...と、撮影から完成パケまで、一人の制作者によって担当するケースも多いかと思います。また、映像の基礎知識がない状態で、映像案件を担当することもあり、その際「このカメラの映像が読み込めない」「別のカメラの映像と混ぜると編集ができない」といった、原因がはっきりとわからない壁にぶつかり、業務が思ったように進まない事態に直面することがあります。

 

EDIUSでは、そうした事態が起きないように、国内外のビデオカメラメーカーと検証を重ねて、スピーディーに各種コーデックに対応します。そのため、ご利用のカメラの撮影データが、「編集できない」といった事態は、ほとんど起きません。Web掲載用の映像データも、EDIUSなら多彩な圧縮コーデックに対応しているので、別途変換用のソフトウェアを購入する必要はありません。

大規模プロダクションにも対応するEDIUSのソリューション

徐々に大きくなったプロダクションの運営にも、EDIUSはパワーを与えます。映像制作ラインが増えてきても、広くラインナップの揃ったEDIUSなら、使い方に戸惑うことはありません。ディレクターのオフライン編集用、CGチームの仮合成用にEDIUS Neo、オンライン用にはEDIUS Pro 7。そしてより本格的なスタジオ組み込み機材としてのターンキーシステム。さらには、ターンキーをネットワークド・ワークグループとして活用できる上位のGlassValley製品...と、会社規模や案件規模に応じて、ロードマップが明示されています。

放送局でも採用されているGrassValley HQ/HQXコーデックは、現在、美術館や各種店舗サイネージ用のアーカイブ用標準コーデックとしても広まりつつあります。Mac/Windowsの両方で圧縮伸張が行える唯一のデジタルメディアコーデックとしての信頼性、そしてWindows最速NLEとも言うべき、真のリアルタイム・フルモーション・NLEソフトウェア。

それが、EDIUSなのです。

Text by 中ノ子基高(Mototaka Nakanoko)

ポストプロダクションの中心としてEDIUS Pro
購入する
さらに詳しく
ポストプロダクションの中心としてEDIUS Neo
購入する
さらに詳しく