映像を編集するソフトウェア
EDIUSの総合サイト

鉄道ムービー | 様々な映像編集、動画編集のケースをご紹介。EDIUSの利用シーン。

EDIUS World TopUSER TYPES > 鉄道ムービー

USER TYPES

User Types 鉄道ムービーを作る

こんな事がしたい方は ■撮りためた鉄道の映像を編集して楽しみたい ■いつもは写真を撮ってるけど、映像もやってみたい

親子で楽しめる趣味。鉄道写真。

鉄道や工業用の乗り物に魅了される人は、世界でも多いと思います。特に、日本では鉄道を愛している人が、とても多いのです。全国に様々なタイプの鉄道が存在し、ハイテクな印象を受けるものから、1両編成のレトロなものまで、外観のバリエーションも豊富です。また、それぞれが走るロケーションも都会や田園など様々なので、写真の被写体としてとても人気があります。鉄道を撮るために、遠方まで出かけるのも当たり前です。鉄道写真を撮る文化は、親子でも楽しめる趣味として、定着しつつあります。

デジタル一眼(DSLR)で写真を撮るなら、映像もやりたい!

今やデジタル一眼のムービー機能は、プロレベルの美しい映像を撮ることができます。以前のように、映像を撮るために別途ビデオカメラを持っていく必要はなくなりました。
せっかく撮ったムービー。編集して、オリジナルムービーとして楽しみましょう。

複数のシーケンスを利用して路線を管理する

STEP1
テーマごとに分けて、素材を取り込む

素材を取り込む際、「ビン」にはシーンごとやテーマごとにフォルダーを分け、そこに取り込むようにします。

STEP1
シーケンスごとにタイムラインに配置

シーケンスを複数作成します。シーケンスは、編集をするタイムライン1つを指しています。ひとつのシーケンスの中に編集した別のシーケンスを加えることができます(シーケンスのネスト)。

先ほど、整理した「ビン」フォルダから、クリップをタイムラインに配置していきます。

STEP3

鉄道ムービーでは、列車の動きが右から左、左から右など限られています。そのため、クリップを並べる順番に注意してください。たとえば、右から左へ列車が疾走するシーンを使ったら、その次には左から右へ列車が疾走するシーンを並べます。右から左へ疾走した次も、同じように右から左へと疾走するカットが続くと、飽きられてします。どうしても同じ方向に移動するカットが続く場合は、途中に捨てカットを挿入し、アクセントを付けるとよいでしょう。

映像と映像の合間に捨てカットを入れると、同じ方向に疾走するカットでも、アクセントになります。ときには、意外な動きのカットも撮っておくとよいでしょう。

STEP3
シーケンスをクリップとして利用する(シーケンスのネスト)

最終的にムービーを出力するときには、出力用のシーケンスを設定し、そのタイムラインに、映像クリップを配置してあるシーケンスを、クリップとして配置します。このように、シーケンスの中に別のシーケンスを配置することを、「シーケンスのネスト」といいます。なお、タイムラインに配置したシーケンスは、通常のクリップ同様に、先頭や終端をドラッグしてトリミングができますし、レイアウターを使ってのエフェクト設定も可能です。これで路線ごとに編集した映像を一本化できます。

STEP3
グループの解除

シーケンスをクリップとしてタイムラインに配置した際に、オーディオトラックに不要なデータが配置されることがあります。これは不要ですので、クリップ上で右クリックし、メニューから「リンク/グループ」→「グループ解除」を選択ます。不必要なオーディオトラックを削除し、お好きなBGMを付ければ、完成です。

STEP6
グループの解除

編集が終われば、web動画やスマートフォンでの再生用など利用目的に応じたファイル出力が可能です。また、デジタルビデオカメラなどを接続してテープへの出力に加え、メニュー付きBlu-ray/DVDの作成も行えます。なお、ファイル出力では、YouTubeやiPhoneなどテンプレートとして登録されているエクスポーターを利用することで、面倒な設定をする必要がなく簡単に出力できます。

Text by 阿部信行(Nobuyuki Abe)

高品質な映像をDVDやデータファイルで残す
 EDIUS Pro
購入する
さらに詳しく