1. EDIUSWORLD.COM TOP
  2. EDIUS Pro 9
  3. New Features

New Features

Version 9.54 (2020.11.11)

  • マーカーパレットのサムネイル表示(シーケンス / クリップ)
  • NVIDIAグラフィックカードを活用したH.265/HEVCエクスポート
  • マルチカムオーディオシンクエンジンを高速化
  • Sony XAVC HS / XAVC S I のインポート
  • Blackmagic RAW のインポートに以下を追加
    Canon EOS C300 Mark II と Blackmagic Video Assist の組み合わせで撮影されたビデオ
    Panasonic AU EVA1 と Blackmagic Video Assist の組み合わせで撮影されたビデオ
  • Canon EOS R5 で撮影されたRAW動画 (CRM)
  • Mync アップデート
    Sony XAVC HS / XAVC S I のインポート
    Blackmagic RAW のインポートに以下を追加
     Canon EOS C300 Mark II と Blackmagic Video Assist の組み合わせで撮影されたビデオ
     Panasonic AU EVA1 と Blackmagic Video Assist の組み合わせで撮影されたビデオ
    Canon EOS R5 で撮影されたRAW動画 (CRM)

Version 9.52 (2020.2.25)

  • Cinema RAW Light と XF AVCプロキシクリップでのプロキシ編集
    EOS C500 Mark II
    プロキシクリップ(XF-AVC)で編集した後、ソースブラウザー経由で検出されたハイレゾクリップ(Cinema RAW light)に置き換えが可能
  • EOS 1D X Mark III RAWビデオ(.CRM)のデコード
  • RED SDK v7.2.0
  • オフラインクリップ復元機能の改善
    異なるフレームレートのクリップをサポート
    失敗するケースの理由を表示
  • エクスポーターに「AAFプロジェクトエクスポーター」を追加
  • Mync アップデート
    EOS 1D X Mark III RAWビデオ(.CRM)のデコード
    RED SDK v7.2.0

Version 9.51 (2019.11.13)

  • Blackmagicハードウェア ビデオプレビューの向上 * 4K 30pまで
    Intensity Pro 4K
    DeckLink 8K Pro (SDI: HDR カラースペース自動切換えをサポート)
    DeckLink 4K Extreme 12G (SDI /HDMI: HDR カラースペース自動切換えをサポート)
    DeckLink Mini Monitor 4K
    UltraStudio 4K Mini (SDI /HDMI: カラースペース自動切換えをサポート)
  • AJA KONA 5 ビデオキャプチャー(デッキコントロールなし)  * 4K 30pまで
  • AJA KONA 1 ビデオキャプチャー (デッキコントロールなし) * 4K 30pまで
  • AJA KONA 1 ビデオプレビュー * 4K 30pまで
  • Blackmagic RAW 6K クリップのデコード対応
  • Blackmagic Film Gamma 6K カラースペース対応
  • Olympus Log カラースペース対応
    OM-Log400 対応機種例: OM-D E-M1X, OM-D E-M1 Mark II
  • DNxHR 4444 MXF (アルファチャネル) エクスポート
    EDIUS Pro 9: DNxHD Optionが必要
  • Mync アップデート
    ストーリーボード 複数一括削除機能
    複数クリップを選択してストーリーボードを作成
    Blackmagic RAW 6K クリップのデコード / Film Gamma 6K カラースペース対応
    Olympus Log カラースペース対応

Version 9.50 (2019.9.13)

  • マルチカム編集 オーディオシンク機能
    オーディオを解析し、複数クリップの高速で正確な時間軸での同期が可能
    同期ポイントに「オーディオ」「オーディオ(マーカー周辺)」を追加
     オーディオ(マーカー周辺)=マーカー前後10秒(計20秒)のみを解析し、非常に高速なワークフローを実現
    既存シーケンスへの追加も可能
  • Blackmagic RAW クリップのデコード対応
    * Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K で撮影された RAW クリップは非サポート
  • Blackmagic Film Gamma カラースペース対応
  • ProRes 4444 (アルファチャネル付き) エクスポート対応
  • キヤノン EOS C500 Mark II Cinema RAW Light クリップのデコード対応
  • EDIUS 使用中のオーディオデバイス切り替えに対応 (Windows 10 のみ)
  • Mync アップデート(ループ再生ボタンの追加、Blackmagic RAW デコード、Blackmagic Film Gamma カラースペース対応など)

Version 9.40 (2019.5.8)

  • Apple ProRes エクスポート
  • Apple ProRes RAW デコード
  • HDR/SDR 相互変換機能 (HDR/SDR ゲイン、トーンマッピング)
  • ハイクオリティーモーショントラッキング(ハイブリッドトラッカーの採用)
  • H.265/HEVC GVソフトウェアデコーダー
  • マルチカム編集ワークフローの向上(クリップマーカーでの同期機能など)
     ビンで複数のクリップを選んで右クリックし、[マルチカムーシーケンスの作成]をクリック[マルチカムシーケンスの作成]ダイアログ(マニュアル)
  • クローズドキャプション機能の向上(scc/mccファイルのインポートとエクスポートなど)
  • その他
    4K HDR/SDR用カラーバーの作成
    数値入力によるボイスオーバーの録音レベル設定
    AJA KONA 5/Io 4K Plus ビデオプレビュー
    キヤノン Cinema RAW Light デコードパフォーマンスの向上
    H.264 エンコードの向上(低ビットレートの画質改善など)
    Sony RAW VENICE v3 でサポートされているクリップのデコード
    Panasonic P2 8K デコード
    H.264/H.265 MOV エクスポート
    DNxHR MXF エクスポート * EDIUS Pro 9では、DNxHDオプションが必要
    Mync アップデート(HDR/SDR ゲイン、トーンマッピング、scc/mcc ファイルのインポートなど)
    * H.265/HEVC のエンコードには、インテル クイック・シンク・ビデオが必要です

Version 9.31 (2018.11.14)

  • Nikon N-Log カラースペースの追加
  • FUJIFILM X-T3 H.265/HEVC のデコード
  • Myncのアップデート(RED RAWデコードのGPUサポート、N-Log カラースペース、FUJIFILM X-T3 H.265/HEVC のデコードなど)

Version 9.30 (2018.9.17)

  • 60/50p タイムコードディスプレイ機能
  • RED RAWデコードのGPUサポート *
  • ハイクオリティースローモーション アドバンスドマッチングモードの追加
  • マーカーのカラー機能
  • デフォルトエクスポーター機能の向上
  • クローズドキャプション表示機能(CEA-708/CEA-608)
  • Canon 新ビデオフォーマット “XF-HEVC” (H.265)のサポート
  • Canon “EOS C700 FF” Cinema RAW 5.9K(5952×3140, 5952×2532) のサポート
  • サードパーティーハードウェア “AJA KONA Io 4K” ビデオプレビューのサポート
  • Myncのアップデート(60/50p タイムコードディスプレイ機能など)

* GPU Requirement
OpenCL 1.1 or higher, no CPU OpenCL device
CUDA 6.5 runtime or higher, GPU compute capability 2.0 or higher
Minimum of 2 GB of graphics card memory
NVIDIA(OpenCL or CUDA) and AMD(OpenCL) supported

Version 9.21 (2018.8.22)

Version 9.20 (2018.4.9)

  • HDR編集に対応した新しいビデオスコープ
  • カラースペースリストの編集機能
  • Myncアップデート (HDR対応のプレビュー/ストーリーボード編集/エクスポート)
  • Canon Cinema RAW Light デコードパフォーマンスの向上
  • Apple ProRes MXF インポート
  • Sony VENICE RAW インポート

Version 9.10 (2018.1.24)

  • H.265/HEVC(MP4)のエクスポート(Intel Quick Sync Video環境が必要)
  • XAVC プロキシ編集ワークフローの向上(外部メディアに収録されたプロキシにも対応)
  • H.264/AVC (MP4) エンコードスピードの高速化
  • Myncのアップデート(ショートカットキー タグ付け、ストーリーボードのサブクリップ対応など)

Version 9.00 (2017.11.1)

  • 4Kを含むさまざまなHDR、Log素材のリアルタイムネイティブ編集
  • プロジェクト単位のカラースペース設定によるSDR/HDRの混在編集
  • 放送局、および Web用のHDRメタデータ付加ファイルエクスポート
  • 各社カメラメーカーに加え、ドローンやスマートフォン素材のネイティブ編集
  • Canon EOS C200 “Cinema RAW Light” と静止画RAWファイルのデコード
  • カスタマーからのフィードバックをもとに改良されたユーザーインターフェイス
  • サードパーティーハードウェアサポートのアップデート
  • Mync(メディア管理ソフトウェア)に強力なメタデータスマートサーチ機能を追加