1. EDIUSWORLD.COM TOP
  2. EDIUS 11 Pro
  3. New Features

New Features

Version 11.11_14439 (2024.5.28)

EDIUS

– エクスポータープリセットに出力先を保存する機能を追加。
 ※古いビルドのEDIUSにプリセットをインポートした場合、又は出力先がAmazon S3 バケットの場合、出力先はエクスポーターダイアログに復元されない。
– 一部のテキストの多言語翻訳を改善。
– プロパティービューの各テキストフィールドでENTERキーで確定しESCキーでキャンセルする機能をサポート。

Mync

– 一部のテキストの多言語翻訳を改善。
– プロパティーペインの各テキストフィールドでENTERキーで確定しESCキーでキャンセルする機能をサポート。

Version 11.11_14359 (2024.5.14)

EDIUS

– ビンウィンドウの状態を記憶する機能を追加
– タイムライン編集のパフォーマンスを向上
– ビンウィンドウ及びMyncウィンドウのライブラリでF2キーによるクリップの名前変更をサポート
– ビンウィンドウでF3キーによるクリップ検索開始をサポート
– 一部のビデオフィルターについて、エクスポート時のハードウェア処理をサポート
 ※ サポートされるビデオフィルターは以下の通り:
– プライマリーカラーコレクション
– モノトーン
– メディアン
 ※ 詳細はこちら
– クリップ削除のパフォーマンスを向上
– アルファチャンネルを持つ静止画の再生パフォーマンスを向上

Mync

– アセット削除のパフォーマンスを向上

Version 11.11_14138 (2024.4.16)

EDIUS

– UIのレスポンスを向上
– プロジェクトのオープンに時間がかかる場合に進捗状況を表示するプログレスバーを追加
– Sony BURANOをサポート
– SDKユーザーがEDIUS無しでMXF/GXFエクスポータープリセットを構築できるように、MXF/GXFエクスポータープリセットファイルのすべての内容を人間が判読できる JSON テキストに変更
  ※古いプリセット ファイルは引き続き利用可能です

  ※古いビルドのEDIUSでは新しいフォーマットのプリセットをインポートできません
  ※新しい MXF/GXFエクスポーター プリセットからは、これまでそれらのプリセットのみが保持していた出力先パス情報が無くなっています。この変更は一時的なものであり、将来的には全てのエクスポータープリセットが出力先パス情報を保持できるようになる予定です

Mync

– 複数アセットを選択している際のパフォーマンスを改善
– Sony BURANOをサポート

Version 11.11_14054 (2024.4.2)

EDIUS

– Myncウィンドウのプロパティビューに、ライブラリで複数選択したクリップの”リールネーム”プロパティを編集する機能を追加
– ビンウィンドウで複数クリップを選択している際のパフォーマンスを改善
– 2バイト文字を含むCEA-708クローズドキャプションの表示をサポート
– Asset Storeデータベースの更新による全般的なパフォーマンス改善
 ※ バージョンアップ後、11.10又はそれ以前にバージョンダウンする際に注意事項があります。詳細はこちら

Mync

– プロパティペインに、ライブラリで複数選択したアセットの”リールネーム”プロパティを編集する機能を追加
– Asset Storeデータベースの更新による全般的なパフォーマンス改善
 ※ バージョンアップ後、11.10又はそれ以前にバージョンダウンする際に注意事項があります。詳細はこちら

Version 11.10_13903 (2024.3.7)

EDIUS

– Canon XF-AVC プロキシの新しいファイル名形式をサポート

Mync

– Canon XF-AVC プロキシの新しいファイル名形式をサポート

Version 11.10_13684 (2024.2.15)

EDIUS

– NVIDIA NVDEC によるH.264 (AVC) および H.265 (HEVC) のハードウェアデコードをサポート。
– 一部のビデオフィルターのプレビュー中のハードウェア処理をサポート。
  ※ サポートされるビデオフィルターは以下の通り:
   – プライマリーカラーコレクション
   – モノトーン
   – メディアン
 ※ Direct3D Feature Level 11_1以上をサポートするIntel、NVIDIA又はAMD GPUが必要。
 ※ 本機能の有効・無効はシステム設定の[ハードウェア] – [ビデオレンダリング & 再生]で設定。
 ※ [エフェクト] – [カラーコレクション] – [プライマリーカラーコレクション]は[ビデオレンダリング & 再生]に統合されたため削除。
– ビンウィンドウ内のクリップにタイムラインシーケンスで使用中かどうかを示すためのインジケーターを追加。

  ※ 各表示モードで表示されるインジケーターの種類は以下の通り:
  “クリップ”または”タイル”: 右下に緑の点
  “アイコン”または”詳細”: タイムライン参照カラムにチェックマーク

  “サムネイル”: インジケーター無し
– プロジェクトを開いてからビン ウィンドウの内容を表示するまでの速度を向上。
– 破損したプロジェクトファイルから可能な限りデータを復元する機能を追加。

Mync

– NVIDIA NVDEC によるH.264 (AVC) および H.265 (HEVC) のハードウェアデコードをサポート。

Version 11.00_13511 (2024.1.23)

EDIUS

– ビンウィンドウにキーボード操作を追加。
  ※ 追加された操作は以下の通り:
  フォルダービュー: 選択フォルダーの変更(カーソルキー上下)
  クリップビュー: 選択クリップの変更(カーソルキー)、選択状態の切り替え([Ctrl] + スペース)、範囲選択([Shift] + カーソルキー)

Mync

*追加された機能はありません。

Version 11.00_13465 (2024.1.11)

EDIUS

– プロジェクトを開く際のパフォーマンスを改善
  ※ 本改善は以下の条件を両方満たすものについて有効
  1. EDIUS 11で保存したもの
  2. 同一PC上のEDIUSで保存したもの。(Chorus Hub環境ではPCのデータベース同士が同期しているためこの条件は不要)
  ※ 詳細はこちら
– 最近使ったプロジェクトリストで、ネットワークドライブからオープンしたプロジェクトのパスをUNCパスで表示するように変更

Mync

*追加された機能はありません

Version 11.00_13349 (2023.11.21)

バグ修正のみ、追加/改善機能なし

Version 11.00_13147 (2023.11.21)

EDIUS

– ビンウィンドウのコンテキストメニューに”タイトルの作成…”を追加
– カラーバークリップ、カラーマットクリップ及びタイトルクリップを編集するため、ビンウィンドウのコンテキストメニューに”編集…”を追加
– 登録可能な素材を含むフォルダーを、フォルダーの階層構造を保ったまま登録する機能を追加
– XAVC Hクリップのインポートをサポート

Mync

– XAVC Hクリップのインポートをサポート

Version 11.00_12965 (2023.10.25)

EDIUS

– Blackmagic RAW SDKを v3.4 に更新し、以下の機能を追加。
  – Blackmagic URSA Mini Pro 12K OLPF をサポート。
  – 縦長ビデオファイルの自動回転をサポート。
  – Blackmagic Cinema Camera 6Kをサポート。
  – Panasonic LUMIX S5II、S5IIX 及び GH6 で撮影されたBlackmagic RAWファイルをサポート。
  – Fujifilm X-S20 及び GFX100 II で撮影されたBlackmagic RAWファイルをサポート。
– RED SDK を v8.4.0に更新しREDファイルをデコードする際のいくつかの潜在的な問題を修正。

Mync

– Blackmagic RAW SDKを v3.4 に更新し、以下の機能を追加。
  – Blackmagic URSA Mini Pro 12K OLPF をサポート。
  – 縦長ビデオファイルの自動回転をサポート。
  – Blackmagic Cinema Camera 6Kをサポート。
  – Panasonic LUMIX S5II、S5IIX 及び GH6 で撮影されたBlackmagic RAWファイルをサポート。
  – Fujifilm X-S20 及び GFX100 II で撮影されたBlackmagic RAWファイルをサポート。
– RED SDK を v8.4.0に更新しREDファイルをデコードする際のいくつかの潜在的な問題を修正。

Version 11.00_12809 (2023.10.11)

EDIUS

– 調整クリップ
– SNS用の目的別エクスポートプリセット
– Myncウィンドウ
– Myncを起点としたEDIUSクイックスタート
– Sony XAVC H サポート(近日対応予定)
– HEIF サポート
– Avid DNxHD / DNxHR サポート
– OFX プラグイン ネイティブサポート
– サードパーティーハードウェアサポート アップデート
– 新ボーナスコンテンツプラグインパック(タイトラー、オーディオ編集、オーディオフィルター、ビデオフィルター/トランジション

Mync

– EDIUSプロジェクト/タイムラインシーケンスの管理
– 様々なアセット / クリップ管理(In/Out点、マーカー、コメントマーカー、クリップカラーなど)
– エンコード(プリセットベース)
– ジョブモニター