1. EDIUSWORLD.COM TOP
  2. EDIUS 11 ダウンロード

EDIUS 11 ダウンロード

EDIUS 11 のインストーラーはこちらのページからダウンロードできます。

Change the language to English – click here

重要事項
– 製品をご利用にあたっての重要事項 (対応OS, 制限事項等) をお読みください – 詳細
– 旧ビルドのインストーラーはこちらからダウンロードできます。

付属プラグインのダウンロード
EDIUS 11に付属するプラグインは EDIUS 11 ボーナスコンテンツページよりダウンロードできます。


EDIUS 11 インストーラー (最新ビルド)

IMPORTANT NOTE: 使用している EDIUS エディションのダウンロードリンクを使用してください – 詳細
NOTE: ファイルのダウンロードが開始しない場合はこちらをお読みください。

EDIUS 11 (11.11.14439) 公開日 2024-05-28

EDIUS 11 Pro / Workgroup フルインストーラー

NOTE: 体験版を含むすべての Pro及びWorkgroup をアップデートするにはこちらのリンクを使用してください。

IMPORTANT: いずれかのエディションの VisTitle バージョン 3.0.0.xをご利用の場合, EDIUS 11.10以降用にVisTitle をバージョン 3.1.0.0 に更新する必要があります。
アップデート用インストーラーは以下からダウンロードできます。
VisTitle(Express)3.100UpdateSetup.exe (ミラーダウンロードリンクはこちら。)

EDIUS 11 Broadcast フルインストーラー

IMPORTANT: いずれかのエディションの VisTitle バージョン 3.0.0.xをご利用の場合, EDIUS 11.10以降用にVisTitle をバージョン 3.1.0.0 に更新する必要があります。
アップデート用インストーラーは以下からダウンロードできます。
VisTitle(Express)3.100UpdateSetup.exe (ミラーダウンロードリンクはこちら。)


新機能

EDIUS

– エクスポータープリセットに出力先を保存する機能を追加。
※古いビルドのEDIUSにプリセットをインポートした場合、又は出力先がAmazon S3 バケットの場合、出力先はエクスポーターダイアログに復元されない。
– 一部のテキストの多言語翻訳を改善。
– プロパティービューの各テキストフィールドでENTERキーで確定しESCキーでキャンセルする機能をサポート。

Mync

– 一部のテキストの多言語翻訳を改善。
– プロパティーペインの各テキストフィールドでENTERキーで確定しESCキーでキャンセルする機能をサポート。

不具合修正

EDIUS

– PCの動作が非常に遅くなっている状態でプロジェクトを開くと、ビンの一部のクリップが失われることがある。
– プロパティービューでのクリップカラーの変更が即時反映されない場合がある。
– データベースとプロジェクトの同期が一度の処理で完了せず、”このプロジェクトをデータベースと同期しました。”というメッセージがプロジェクトを開く度に表示される。
– クリップを複数選択し名前を変更後、選択を変更せずに名前欄を空にすると、それらの名前が空になる。
– プロパティービューでクリップを編集する際、Tabキーで入力フォーカスを移動させると一部の入力欄ではキーストロークがテキスト入力ではなくショートカットキーとみなされる。

Mync

– プロパティ―ペインで行った変更がサムネイルペインに即時反映されない。
– Mync 11が特定のAWSリージョン内のAmazon S3 バケットにアクセスできない。 (Mync Cloudのみ)
– アセットを複数選択し名前を変更後、選択を変更せずに名前欄を空にすると、それらの名前が空になる。

既知の不具合

EDIUS

– OpenFX プラグインのエフェクト設定のタイムライン ペイン上で、キー フレームに設定された値が正しく表示されない。
※値自体は正しく設定されている。
– Boris FX Sapphire プラグインの一部のビデオ フィルターとトランジションを使用時にアルファ チャンネルが正しく適用されない。
– Boris FX Sapphire プラグインのビデオ フィルターがシーケンスクリップに対し正常に機能しない。
– いくつかのBoris FX Sapphire プラグインのビデオ フィルターに対しプリセットのロードが正常に機能しない。
– プロジェクトのコンソリデートを実行する際に ”タイムラインで使用されていないクリップの登録解除を行う” オプションが機能しない。
– インターレース プロジェクトでは、OpenFX プラグイン エフェクトが適用されたクリップの画像が、プロキシ モードまたはドラフト プレビュー 中は縞模様になる。
– OpenFX プラグイン エフェクトが適用されたクリップのフレームサイズが現在のプロジェクトのフレームサイズより小さい場合、そのクリップの再生中に間違った画像が挿入されることがある。
– タイトル挿入モード中、ビンウィンドウ内の選択したクリップが自動的にプレイヤーにロードされない。
– プロジェクトのTCモードを変更すると、オーディオに付加されたタイムコードがビンウィンドウとプレイヤーとで異なる。
– スタビライザーによる解析の完了前にファイルのエクスポートを開始すると、スタビライザーフィルターが無視される。
– BWFフォーマットのオーディオファイルに設定した開始タイムコードが無視される。
– [ビンへ追加] オプションを使用してクリップをエクスポートしビンに追加した直後は、そのクリップがアルファチャンネルを持っていてもビンウィンドウの”アルファチャンネル”カラムに何も表示されない。
一時回避策:ビンウィンドウでF5キーを押す。
– “ファイルを開く”ダイアログでビンウィンドウにクリップを追加する際、ダイアログ上で設定したメタデータが無視される。
– ビンウィンドウ内の静止画連番クリップがオフラインクリップの場合、そのクリップは”クリップの復元と転送”ダイアログに表示されず、プロパティダイアログも開けない。
– ドラッグアンドドロップでクリップをプレーヤーにロードし In点やOut点を変更しても、ビンウィンドウに反映されない。
一時回避策:“プレーヤーで表示”コンテキストメニューでロードする。
– プロパティダイアログで加えた一部のプロパティへの変更がビンウィンドウに反映されない。
– クリップにBoris FX ContinuumプラグインのBCC FX Browserを適用すると、EDIUSが強制終了する。
– Boris FXのOpenFXプラグインがライセンス期限の警告ダイアログを表示すると、EDIUSがフリーズする。
– Myncで削除されたマーカーがEDIUS上では残ったままになる。
– シーケンスクリップのファイル変換が失敗する。
– Boris FX Sapphire プラグインの S_DissolveStatic の設定ダイアログを開くと、EDIUSがフリーズする。
– Boris FX Continuum プラグインの Polarizer の設定ダイアログをセカンダリー モニターで開くと、EDIUS がフリーズする。
– Boris FX Continuum プラグインの一部のエフェクトで、設定ダイアログのスライダーバーの一部が正しく動作しない。
– サインアウトせずに Windows アカウントを切り替えると、EDIUS が正常に動作しなくなる事がある。
– ビンウィンドウのみで作業した場合、プロジェクトを閉じるときにEDIUS がプロジェクトを保存するかどうかを尋ねない。
※ビンへの変更は常に自動的に保存されるため、この問題は新しい未保存のプロジェクトにのみ影響する。
– 以下のキーボード操作がビン、Mync及びジョブウィンドウで機能しない。
Page Up, Page Down, Home, End
– ネストされたシーケンスに、余計なクリップマーカーが現れる。
– ビン上でコピーと貼り付け、または切り取りと貼り付けを使用しクリップを複製または移動した場合、作られたまたは移動したクリップのタイムラインシーケンスで使用中かどうかを示すためのインジケーターのオン/オフが正しくない。
一時回避策:プロジェクトを一旦保存し開きなおす。
– Myncのライブラリに多数のアセットがある場合、EDIUSの編集パフォーマンスが全体的に低下する。
※いずれかのプロジェクトに一度でも登録されたクリップは、プロジェクトを保存した・していないに係わらず全て自動的にMyncのライブラリに登録されることに注意。
– Myncウィンドウからビンウィンドウにドラッグアンドドロップでクリップを登録できない。
一時回避策:代わりにコンテキストメニューの”EDIUSビンへ追加”を使用する。
– チェックアウトしたプロジェクトをチェックアウト元と同じPCで開き保存するとチェックインできなくなる。

Mync

– BWFフォーマットのオーディオファイルに設定した開始タイムコードが無視される。
– EDIUS 11 BroadcastにバンドルされているMync 11がDolby Digital (AC-3)やDigital Professional (AC-3)、Dolby Digital Plus (E-AC-3)オーディオを再生しない。
– Mync XまたはEDIUS Xからアップグレードした後のMync 11の初回起動時、データベースの移行ダイアログが自動表示されない場合がある。
一時回避策:ヘルプメニューから”データベースの移行…”を選択しデータベースを移行する。
– サインアウトせずに Windows アカウントを切り替えると、Myncが正常に動作しなくなる事がある。