映像を編集するソフトウェア
EDIUSの総合サイト

TC入力で正確な編集 | 映像編集ソフトウェアEDIUS(エディウス)

EDIUS World Top > TIPS > 編集

TIPS

編集
TC入力で正確な編集

TC入力でタイムラインカーソルを正確な位置に配置する

プロフェッショナルな編集現場においては、TC(タイムコード)を正確に指定する編集方法は必須です。ここではプレビューウィンドウ(プレイヤーウィンドウ、レコーダーウィンドウ)で、TCを数値で指定する方法をご紹介します。

プレビューウィンドウでのTCの指定方法

一見、表示用のものに見えるプレビューウィンド上のTC表示ですが、キーボードによる入力が可能です。左から、タイムラインカーソル位置のTC(Cur)、In点のTC(In)、Out点のTC(Out)、In/Out間のデュレーション(Dur)、タイムラインのトータルタイム(Ttl)を表しており、入力したいTCを一度クリックすると、テンキーによる数字入力ができるようになります。

ここでは、例としてタイムラインカーソルを1分30秒ちょうどに持っていきたいと思います。「Cur」のTCをクリックし「13000」と入力します。すると、タイムラインカーソルが1分30秒に移動します。

現在の値からの相対的なタイムコード指定をすることも可能です。同じく「Cur」のTCをクリックし、「+500」と入力すると5秒後へ移動します。

デュレーション(Dur)はIn/Out点と連動しているので、In点を設定した後、デュレーションを指定することでOut点も設定することができます。

TIPS