映像を編集するソフトウェア
EDIUSの総合サイト

EDIUS World TopSupportFAQ > 操作

FAQ

  • EDIUS All
  • 操作

タイムラインの再生が途切れたり停止する

FAQ ID:KB01300002 | 更新日: 2013/07/13

タイムラインの再生が途切れたり、停止してしまいます。解決方法を教えてください。

タイムライン再生時に PC の負荷が高くなると再生が途切れたり、停止することがあります。主に下記のような原因が考えられます。

1. ビデオフィルタを多用している。
2. エフェクト、レイアウター内でキーフレームを多数設定してエフェクトをかけている。
3. プロジェクト設定と異なる解像度やアスペクト比の素材を使用している。
4. 非圧縮 AVI ファイル、AVCHD ファイル、QuickTime 形式などのファイルを使用している。
5. 素材ファイルが USB ハードディスクなどの外付ドライブにある。

対処方法
I. 再生バッファの変更

1) [設定] > [システム設定] を開きます。
2) [アプリケーション] > [再生] を開き、「再生バッファ」の値を増やします(デフォルト値は PC のメモリ容量によって異なります)。kb01300002ーimg001.png

II. タイムラインのレンダリング
[レンダリング] > [シーケンス全体のレンダリング] > [過負荷部分] を選択します。

III. HQ ファイルへの変換
原因 3. 4.の場合は、素材をタイムラインに置く前に、素材を右クリックし、[変換] > [ファイル変換] を選択して、Grass Valley HQ AVI へ変換したものをタイムラインへ置いてみてください。
NOTE: 特にプロジェクトのビデオサイズより大きなサイズの静止画ファイル(特に TGA など)を使用すると PC の負荷が高くなります。EDIUS へ読み込む前にリサイズをしてから読み込むことを推奨します。

IV. 素材ファイルのローカルドライブからの読み込み
素材ファイルが USB ハードディスクなどの外付ドライブにある場合は、ローカルドライブにコピーしてから Bin に読み込み、再生してみてください。