映像を編集するソフトウェア
EDIUSの総合サイト

EDIUS World TopSupportFAQ > 仕様

FAQ

  • EDIUS All
  • 仕様

QuickTime for Windowsサポート終了とEDIUSのご利用について

FAQ ID:KB00400019 | 更新日: 2016/05/02

Apple QuickTime 7 for Windows のサポートが終了していますが、QuickTime for Windows を今すぐアンインストールする必要がありますか。

US-CERT (アメリカ合衆国コンピューター緊急事態対策チーム)は、2016年4月14日に Apple QuickTime for Windows(以後、QuickTimeと記します) の脆弱性と、アップル社におけるサポート終了に基づく、アンインストールの推奨に関する情報を発表しました。当該アナウンスでは、悪意のあるWebサイトやMOVを QuickTime Playerで開く、もしくは悪意のあるMOVファイルを他のアプリケーション(EDIUSはこれに該当します)で開くことによるセキュリティリスクを発表しており、回避策として QuickTime のアンインストールが案内されています。

EDIUSはその動作に QuickTime のモジュールを使用しているため、QuickTime をアンインストールした場合は、一部のファイルが扱えなくなります。

対象製品
・EDIUS Pro 9
・EDIUS Workgroup 8 / Pro 8
・EDIUS Elite 7 / Pro 7
・EDIUS Neo 3.5
・EDIUSシリーズがインストールされている HDWS / REXCEED シリーズ
    *上記に加え、サポート終了となったEDIUSシリーズも対象となります。

取り扱えなくなるファイルフォーマットは EDIUS バージョンにより異なります。詳しくはこちらの PDF をご覧ください。HDWS/REXCEED シリーズをご利用のお客様は、お買い上げ販売店、もしくは当社テクニカルサポートまでお問い合わせください。