1. EDIUSWORLD.COM TOP
  2. Support
  3. Faq
  4. 編集結果をファイルにエクスポートする

編集結果をファイルにエクスポートする

  • EDIUS All
  • 出力
編集結果をファイルにエクスポートする
編集結果をファイルにエクスポートする操作を教えてください

編集したタイムラインをファイルへエクスポートする方法は2通りあります。

ファイルエクスポート
1つのタイムラインシーケンスを選択した1つのエクスポーターでファイルへエクスポートします。

バッチエクスポート
エクスポートジョブを複数登録し、後で実行させます。編集プロジェクトが複数のタイムラインシーケンスを持つ場合や1つのタイムラインシーケンスを異なるフォーマットのファイルへエクスポートしたい場合に使用するのに適します。

 

ファイルエクスポート

1) エクスポートしたいタイムラインシーケンスを開いた状態にして、エクスポートボタンをクリック > ファイルへ出力を選択、もしくはファイル メニューから エクスポート > ファイルへ出力 を選択します。

2) エクスポーター一覧が表示されます。出力したいエクスポーターを選択し [出力] ボタンをクリックします。

3) エクスポート先 (ファイルの保存場所) を選択し、ファイル名を指定して [保存] ボタンをクリックします(選択するエクスポーターによっては [OK] ボタンをクリックします。

4) ファイルエクスポートが実行されます。EDIUS Xの場合はエクスポートをバックグラウンドレンダリングエンジンで行うため、ファイルエクスポートダイアログが閉じた後はEDIUSの操作画面に戻ります。詳細

   

バッチエクスポート

1) エクスポートしたいタイムラインシーケンスを開いた状態にして、エクスポートボタンをクリック > バッチエクスポートリストへ追加 もしくは ファイル メニューから エクスポート > バッチエクスポートリストへ追加 を選択します。

2) エクスポーター一覧が表示されます。出力したいエクスポーターを選択し [バッチリストに追加] をクリックします。

3) 手順#1, #2を繰り返してバッチエクスポートリストを作成します。

4) エクスポートボタンをクリック > バッチエクスポート、もしくは ファイル メニューから エクスポート > バッチエクスポート を選択します。

5) バッチエクスポートリストが表示されます。「シーケンス」項の左側にチェックをつけて [エクスポート] ボタンをクリックします。

6) エクスポートが実行されます。選択したリストアイテムのチェックが外れます。EDIUS Xの場合は [閉じる] をクリックします。

 

関連リンク

 

 

 


MENU

サブスクリプション
動作環境
EDIUSについて
ライセンス
仕様
インストール
起動
画面構成
プロジェクト設定
素材
入力 / キャプチャ
操作
編集
エフェクト
タイトル
オーディオ
出力
ハードウェア
eID (EDIUS ID)
アーカイブ
その他
環境設定